絶品!熟成タンシチュー、ハンバーグ、選べるランチプレート、カレーをご提供します。

あっさりしていて美味しい。

 「あっさりしていて美味しい。」当店のタンシチューは時折このようなお褒めの言葉をお客様から頂く。ちなみに常日頃いただく言葉といえば「まろやかでおいしい。」といった加減である。

 一般に洋風料理は和風料理と比べると濃いというイメージを持つのが通例だ。当店のタンシチューも同様に味つけが濃いのではないかという印象を持たれるらしい。無理もなくタンシチューの写真の茶色いソースからはそれを想像してしまうのだろう。しかし実際の味はそれとは話が食い違う。

 「くどくなく、最後まで残さずソースを味わえる。」(50代男性)「この年齢になったら重たいのは苦手。でもこれやったらいける。」(80代女性)などのお客様の声を最近でも頂戴した。

 なぜあっさりしているのか。それはソースの大部分が牛タンから抽出される肉由来のエキスだからだ。さらにそこに牛タンと一緒に煮込んだ数十種の野菜のエキスも加わる。それゆえに複合的な奥行きを醸しながら雑味や嫌な後味を残さない。つまり洋風料理でありながらも「あっさりしていて美味しい。」という表現が成り立つのであろう。

 タンシチューはサーロインやフィレといったステーキ肉と比べて大胆さや力強さはない。しかも切ってから焼くだけという時短料理でもない。だが牛肉の煮込み料理なのにあっさりしていて美味しいと言わしめるものがある。仕込みにはちいと手間がかかるが随分と世話になっている優れ物だ。

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です