絶品!熟成タンシチュー、ハンバーグ、選べるランチプレート、カレーをご提供します。

キノコの旨さ。

こんにちは!

ぼてちんスタッフです!

今日はキノコについて、少し書きたいと思います!

秋の味覚といえばキノコですよね!

キノコは野菜という分類にされることが多いですが、正確には菌類です。

分類学上はカビに近い存在とされています

あまりこれ以上生物学的な観点から見るとお腹が空かないので、料理の方向性に戻します。

代表的なキノコは、舞茸、椎茸、えのき茸、ひら茸、松茸

また、世界にはたまご茸やポルチーニ茸、またトリュフもキノコの一種です。

庶民的なものから高級なものまでよく考えると幅広い食材です。

さて、このキノコの命とも言えるのはその香りです。

舞茸や椎茸のように噛めば噛むほど味がしっかり感じられるものもありますが、キノコに火を入れたとの特有の美味しい香りは何よりの強さでしょう。

そして、この香りはフライパンで加熱するとき複数のキノコを一緒に加熱すると香りが相乗効果でものすご〜くいい香りがします!

そして、さらに鉄鍋をこれでもかというくらいに熱々にして油も引かずに空焼きするとさらにキノコの香りがでてきます!

これがキノコの最大の特徴の一つであります!

当店では、『秋のキノコカレー』で使っているキノコはこのやり方でソテーして香りを出しています。

このやり方で加熱して鉄鍋特有の焼いた香りとキノコの香りをだしたところで、すぐにボールにうつして塩をして、別のフライパンで作ったアツアツのニンニクオイルを回しかけて香草のタイムでアクセントをつけてマリネして完成です。

これだけでも十分に美味しいものになります。

このようにキノコの特性を最大限いかした方法を模索しながら皆さまに美味しいものをお届けいたします!

是非、『秋のキノコカレー』お召し上がりくださいませ!

 

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です