絶品!熟成タンシチュー、ハンバーグ、選べるランチプレート、カレーをご提供します。

ナポリタンの歴史

こんにちは!

ぼてちんスタッフです!

今回はナポリタンの歴史について。

今では、子供に大人気そして昔は喫茶店でよくあったナポリタン。

茹でたスパゲッティにハム、ピーマン、玉ねぎ、ケチャップでつくる一品。

名前からもパスタを使うことからもイタリア発祥では?と思う方もおられるかもしれませんが、実は違います。

ナポリタンはれっきとした日本で生まれた料理です。

時は戦後の横浜。

当時日本はGHQに占領され日本のあちこちに米軍が滞在していました。

横浜のとあるホテルに7年滞在していた米軍がよくスパゲッテイを塩胡椒、ケチャップで味付けしたものを食べていたそう。そこでホテルの料理長が見かねてトマト、ピーマン、玉ねぎなどでソースを作り、ハムとマッシュルームを入れた料理を完成させました。

これが『スパゲッテイ ナポリタン』と名ずけられたのです。

その後、一般に向けて当時高級品だったトマトをケチャップに戻し、今のナポリタンが完成したのです。

どうですか?イタリアからではなくアメリカから伝わったものだったのです。

そんな歴史を感じながらぼてちんの美味しいナポリタンをぜひ!!!

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です